本文へ移動

概要

第125回展観
黒川古文化研究所名品展 
―古墳の考古遺物・江戸の好古図譜―
 
会 期 2021年4月17日()~5月30日() 
時 間 午前10時~午後4時(入館は午後3時30分まで) 
入館料 一般500円(400円) 高大生300円(240円)
     ※( )内は20名以上の団体料金、中学生以下は無料
休館日 毎週月曜日 ただし、5月3日(月祝)は開館し、5月6日(木)は休館
主 催 黒川古文化研究所
後 援 西宮市教育委員会
古墳時代の日本では、畿内政権をはじめ、関東や九州など各地の豪族たちが中国や韓半島の力を背景に発展を見せました。展示では、古墳から出土した遺物を対象として進められてきた考古学の成果を、鏡や鈴などの作品を通して紹介します。
また、江戸時代には古い文物の収集や考証を行う「好古」がさかんになり、その成果をまとめた図録も作られました。所蔵品のなかから好古家による図譜や寺社の宝物図などを紹介するとともに、江戸時代の人びとの関心を探ります。
 
※展示室内は一切の撮影行為を禁止しております。ご了承ください。(ロビー、バルコニー等は撮影可)

【ご来館に際してのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用、手指の消毒、受付にての検温にご協力ください。

観覧中もお互いの距離を取り、静かな観覧をお願いいたします。

感染状況により内容の変更、延期もしくは中止となる場合がございます。事前にホームページなどでご確認をお願いいたします。

 

展観ポスター

おもな展示品

弓矢形石製品 古墳前期 伝天理市布留出土
三角縁神獣鏡 古墳前期
獅噛環頭 古墳後期
中井俊顕『集古群類』 江戸後期
松浦武四郎『撥雲余興』明治15年 (1882) 

関連イベント

  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントはすべて事前申込制になります。

応募受付開始4月12日 10:00 〜 ※先着順、締切日までに定員に達した場合、その時点で受付を終了します。
受付締切後、席に余裕がある場合は当日受付もします。( 当日お時間までに研究所へお越しいただき、入口の受付にてお申し込みください。名前・住所・電話番号記入が必要です)
 鑑賞講座の申し込みフォームはこちらから
 

鑑賞講座

展観の鑑賞の手引きとなる講座を行います。

「 黒川所蔵『古瓦譜』の意義 」
  4月24日)13:30 ~15:00 定員40名
  会  場  一階 講演室
  講  師  上原 眞人 (当研究所 所長)
 

「 倭人が好んだ鏡と鈴 」
  5月8日(13:30 ~15:00 定員40名
    場  一階 講演室
  講  師  馬渕 一輝(当研究所 研究員)

「 鏡と鈴 -鋳物の美と用 
  5月15日(13:30 ~15:00 定員40名
  会  場  一階 講演室
  講    石谷 (当研究所 研究員) 


「 江戸時代の古墳研究 」
  5月22日(13:30 ~15:00 定員40名
  会  場  一階 講演室
  講  師  川見 典久(当研究所 研究員)
 

無料シャトルバスのご案内

展観会期中の土・日・祝日に限り、阪急苦楽園口駅前(ローソン苦楽園口駅前店)から、神戸相互タクシーの無料ハイヤー(9人乗り)を往復運行いたします。時間帯は以下のとおりですので、ぜひご利用ください。
イベント開催日は満席となる可能性がございますので、時間に余裕をもってご利用ください。

阪急苦楽園口駅前(ローソン苦楽園口駅前店)送迎シャトルバス乗り場案内

送迎バス乗り場近くのマンション等に立ち入ったり、自転車を停めたりしないでください。
また、周辺にタバコの吸殻やゴミ等を捨てるなど、近隣の方に迷惑となる行為は絶対にしないようお願いいたします。
 

シャトルバス時刻表(土日祝のみ)

往路 (阪急苦楽園口駅→黒川古文化研究所)
復路 (黒川古文化研究所→阪急苦楽園口駅)

1030

1045

1100

1115

1130

1145

1200

1215

1230

1245

1300

1315

1330

1345

1400

1415

1430(最終便)

1445

1515

15:45

16:05(最終便)
TOPへ戻る