本文へ移動

展覧会概要

第122回展観「秦漢遺宝 ―器物に込めた願い」
会 期 2019年10月12日(土)~11月24日(日)
時 間 午前10時~午後4時(入館は午後3時30分まで) 
入館料 一般500円(400円) 高大生300円(240円)
     ※( )内は20名以上の団体料金、中学生以下は無料
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
主 催 黒川古文化研究所
協 力 泉屋博古館
後 援 西宮市教育委員会
紀元前221年、始皇帝によって中国は統一され、帝国時代を迎えます。秦帝国はわずか15年で滅びますが、中国の英語Chinaが秦Chinに由来するように、秦が中国史に残した影響はとても大きなものでした。一方で、秦を滅ぼし、項羽との戦争に勝利した高祖劉邦が築いた漢帝国は、「漢族」・「漢語」といった言葉に現れるように、中国文化を象徴します。
秦漢時代の歴史は、『史記』や『漢書』といった文献のみならず、当時つくられた器物からも明らかにされます。始皇帝が広大な領土を支配するために行った統一政策。戦乱がつづいた前漢時代前半期に、疲弊した世の中を回復するために採用された黄老思想。武帝の時代には、泰山封禅に象徴される神仙世界への憧憬が、儒家思想と結びついて社会全体に広がっていきます。こうした社会情勢に応じた人々の思想の変化が、器物に記録されています。
今回の展観では、当研究所と泉屋博古館・大阪市立美術館・和泉市久保惣記念美術館の所蔵品から、秦漢時代を象徴する青銅器・鏡・貨幣・瓦当などの器物約70点を選び出し、展示します。秦漢時代の人々が器物に込めた願いに触れてみてください。
 
※展示室内は一切の撮影行為を禁止しております。ご了承ください。(ロビー、バルコニー等は撮影可)
 

展観チラシ

おもな展示品

朱雀玄武博山炉 久保惣記念美術館蔵
雷紋地蟠螭紋鏡 大阪市立美術館蔵
提梁付鐎尊 黒川古文化研究所蔵
鍍金雲気紋酒樽 泉屋博古館蔵
「千秋萬歳」瓦当 黒川古文化研究所蔵

関連イベント

講演会「木片が語る漢帝国」

10月19日(土) 13:30〜15:00
講師 冨谷至氏(京都大学名誉教授・龍谷大学教授)
会場 一階講演室 / 入館者は聴講無料
 
公開研究会「高精細画像でみる秦漢工芸」

11月4日(月・祝) 13:30〜15:00
講師 石谷 慎(当研究所 研究員)
会場 一階講演室 / 入館者は聴講無料
 
ワークショップ「鋳造体験!古印をつくろう」

11月10日(日)第一部 11:00~12:30 第二部 14:00~15:30
講 師 新郷英弘氏・樋口陽介氏(芦屋釜の里 学芸員)
会 場 一階講演室
定 員 各回12名(10歳以上対象・小学生は要保護者同伴
参加費 1,500円 (材料費込・別途入館料)
 
 
※要事前予約 先着順、定員に達し次第申し込みを締め切ります。
受付期間:10月12日(土)10:00〜10月31日(木)16:00
 
 
 鑑賞講座
展観の鑑賞の手引きとなる講座を行います。いずれも当研究所1階講演室にて。
13時開場、13時30分開始、講演時間は1時間半程度です
事前申込不要、入館者は聴講無料です。

器物から読みとく秦漢史
10月26日(土) 講師:石谷 慎 (当研究所 研究員)
江戸時代の文人が見た中国古銅器
11月2日(土) 講師:川見 典久(当研究所 研究員)
中国古代の青銅器と文字 ―殷周金文から漢鏡銘へ―
11月16日(土) 講師:山本 尭氏(泉屋博古館 学芸員)
 

無料シャトルバスのご案内

展観会期期間中の土・日・祝日に限り、阪急苦楽園口駅前(ローソン苦楽園口駅前店)から、神戸相互タクシーの無料ハイヤー(9人乗り)を往復運行いたします。時間帯は以下のとおりですので、ぜひご利用ください。
イベント開催日は満席となる可能性がございますので、時間に余裕をもってご利用ください。
阪急苦楽園口駅前(ローソン苦楽園口駅前店)送迎シャトルバス乗り場案内

送迎バス乗り場近くのマンション等に立ち入ったり、自転車を停めたりしないでください。
また、周辺にタバコの吸殻やゴミ等を捨てるなど、近隣の方に迷惑となる行為は絶対にしないようお願いいたします。
 

シャトルバス時刻表(土日祝のみ)

往路 (阪急苦楽園口駅→黒川古文化研究所)
復路 (黒川古文化研究所→阪急苦楽園口駅)

1030

1045

1100

1115

1130

1145

1200

1215

1230

1245

1300

1315

1330

1345

1400

1415

1430(最終便)

1445

1515

1540

1605(最終便)
TOPへ戻る