本文へ移動

概要

第128回展観
「近世刀装具の美術史」

会 期 2022年10月15日()~11月27日(
時 間 10時~16時(入館は15時30分まで) 
入館料 一般500円(400円) 高大生300円(240円)※( )内は20名以上の団体料金、中学生以下は無料
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日を休館とする)
主 催 黒川古文化研究所
後 援 西宮市教育委員会

江戸時代の武士が腰に差した刀の拵え(外装)には、鐔のほかに縁頭、目貫、笄、小柄などの金具(刀装具)が付属しています。金、銀、銅など多彩な金属を用いた緻密な彫金技術によって製作されており、現代を生きる我々の目から見ても、美しさや楽しさを感じることができます。
細工の精密さのみならず、多様な意匠(デザイン)や洗練された構図には当時の文化や精神が反映されており、印象的に見せるさまざまな工夫が凝らされています。特に図案や下絵の段階においては絵画との結びつきが強く、画家の下絵を用いたものや、自ら師について画を学んだ彫物師もいました。
今回の展観では江戸時代の刀装具とその関連資料を展示し、作品にあしらわれたさまざまな図柄とその表現を絵画史との関わりに焦点を当てつつ紹介いたします。

【ご来館に際してのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用、手指の消毒、受付にての検温にご協力ください。

観覧中もお互いの距離を取り、静かな観覧をお願いいたします。

感染状況により内容の変更、延期もしくは中止となる場合がございますので、事前に当研究所ホームページなどでご確認をお願いいたします。



展観ポスター

おもな展示品

横谷宗与 笹蟹図縁頭 泉屋博古館
大月光興 富士越龍図大小鐔 黒川古文化研究所
土屋安親 豊干禅師図鐔 黒川古文化研究所 重要文化財
墨江武禅 驟雨帰牧図小柄 個人蔵
墨江武禅 山水図 北島古美術研究所
英一蝶 新六歌仙図 北島古美術研究所

関連イベント

いずれも当研究所講演室にて。入館者は聴講無料。
各回13:30〜15:00 定員40名

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントはすべて事前申込制になります。
応募受付開始: 10月12日 10:00~
※申し込みは先着順。
締切日までに定員に達した場合、その時点で受付を終了します。

各種イベントの申し込みフォームはこちらから。 受付終了しました
公開研究会
高精細画像を用いた研究会を行います。

11月12日() 受付終了しました
高精細デジタル画像でみる刀装具―その揃金具は本当にセットなのか?―
講師:川見 典久(当研究所 研究員)


鑑賞講座
鑑賞の手引きとなる講座を行います。 

10月29日() 受付終了しました
刀装具“下絵”資料にみる彫物師の絵ごころ
講師:川見 典久(当研究所 研究員)

11月5日()  受付終了しました
古代東アジアの刀剣―柄頭と佩用の変化―
講師:馬渕 一輝(当研究所 研究員)

11月19日() 受付終了しました 
中国絵画史における雲龍図―富士越龍図成立の背景―
講師:飛田 優樹(当研究所 研究員)

無料シャトルバスのご案内

展観会期中の土・日・祝日に限り、阪急苦楽園口駅前(ローソン苦楽園口駅前店)から、神戸相互タクシーの無料ハイヤー(9人乗り)を往復運行いたします。時間帯は以下のとおりですので、ぜひご利用ください。
イベント開催日は満席となる可能性がございますので、時間に余裕をもってご利用ください。

阪急苦楽園口駅前(ローソン苦楽園口駅前店)送迎シャトルバス乗り場案内

送迎バス乗り場近くのマンション等に立ち入ったり、自転車を停めたりしないでください。
また、周辺にタバコの吸殻やゴミ等を捨てるなど、近隣の方に迷惑となる行為は絶対にしないようお願いいたします。

シャトルバス時刻表(土日祝のみ)

往路 (阪急苦楽園口駅→黒川古文化研究所)
復路 (黒川古文化研究所→阪急苦楽園口駅)

1030

1045

1100

1115

1130

1145

1200

1215

1230

1245

1300

1315

1330

1345

1400

1415

1430(最終便)

1445

1515

15:40

16:05(最終便)

お客様の声

TOPへ戻る